有職料理

有職料理とは

京都において、朝廷や宮家等の宮中にて、節会等で食された、雅やかな形式のお料理です。

 

有職料理 当店は、平安中期宮廷の料理方を務め、鎌倉期に源頼朝公より姓を賜り、庖丁方を務め以後豊臣秀吉公の命で、八条ノ宮家、後に京極ノ宮家、有栖川ノ宮家と仕えておりました。
現在は、御所ゆかりの有職料理の伝統、技法を踏まえて、他の伝統料理の要素も取り入れながら、今日ある素材を用いて現代風にアレンジして提供しております。
     
お料理は、初箸(会席料理の「先付」)、添え(会席料理の「小付」)、お椀、お造り、嶋台、等であります。 

有職料理 有職料理 有職料理